calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

ジュウメイメソッドとは

ジュウメイメソッドでは、26個の骨の積み重なりである背骨を、横隔膜呼吸と共にゆっくりと丁寧に自分で調整していきます。
ジュウメイメソッドの最大の特徴はレッスンで学んだ正しい動きを日常の動作に結びつけるという事です。
深い呼吸、正しい姿勢、歩き方、寝起き、椅子の座り方などを学んでさまざまな身体と心の不調の改善を目指します。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.09.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    懐かしくて泣きたくてカムサハムニダ。

    0
      夕刻18時。
      夕飯の買い物へスーパーへ行く。
      南大沢。
      車を運転しながら考えた今夜のメニュー。。
      焼き鳥丼が食べたいです。
      ご飯の上にはのりをはさみで切って乗せるちょっと甘い味のね。
      とろろ昆布のおすましもアベックで。

      車を止めスーパーの入り口に歩いてゆくと、

      チジミ〜、チャプチェ〜、の韓国料理の立て旗が見えます。
      売り子さんが2人忙しく働いてるのが遠くから見えます。
      その売り子さんのお一人、、、
      誰かに似てるんです。

      どなた?
      考えます。。
      ま、ま、っさか!
      宗先生?
      私の太極拳人生、そして、根本的に私の人生を変えたお師匠様。。。

      でも、本当にそっくりです。
      背丈、体系、髪型そしてお顔が。。。
      そんな訳が有りません。
      北京体育大学で今も太極拳を教えているんですから。
      でも、でもね、
      宗先生〜〜〜会いたかったよ〜。
      彼女にどんどん近ずく。
      10、7、3、、、1.5メートル。
      彼女の元へ辿り着き。

      先生!ジュウメイです。
      好久不見!(ハオジュウブージェン!)

      こんな訳にはもちろんいきません。

      彼女から私に、いらっしゃいませ〜。。。

      韓国なまりの日本語です。

      そうよね、そうよね、でも、本当にそっくりで泣きそうに成ってしまった私。

      キムチを売る彼女が透き通る様に綺麗です。
      心が清らかなのが彼女の声から伝わります。
      宗先生のお顔の肌の感じまで瓜二つです。
      そっくりなんです何もかも本当に。

      もう2年会っていません。
      どうしてるかな〜。。

      基本の中にこそ全てが有る事、
      透明である事、太極拳に色を付けない事、
      努力の大切さを宗先生から教わりました。
      そして何より、
      徹底的に私を鍛えてくれたんです。
      先生が諦めないから私も諦めない人に成れたんです。

      私、日本で3年間週6時間教室に通い、
      本気でやってきたつもりの太極拳を一度全部捨てたんです。
      宗先生に出会ったその日に。
      始めからもう一度、一からやり直したんです。
      足の裏からやり直したんです。
      宗先生は、
      私の太極拳の本当の意味での原点を作ってくれた恩人なんです。

      先生を頭の中で思い出すうち。。
      キムチを売る彼女の韓国語なまりが、中国語なまりにも聞こえてきちゃいます。
      なんだか嬉しいです。


      先週末、都内の美味しい韓国料理たらふく頂いた後ですが構いません。

      彼女の進める、チャプチェ、チジミ、カクテキ、赤い鶏肉のおかずを買います。
      大切にさよならのご挨拶をして、
      このままスーパーに寄らず帰宅。
      今夜は北京の太極拳浸けのあの頃を思い出しながらビールで乾杯します。

      zhumei





      お腹〜ボイスそしてソングへ。

      0
         歌うよ!
        いつでも。
        どこでも。

        今日は、お腹が立ってる。
        それって何?
        この事、お話しますね。

        しょうじ君の言う、お腹と背中が膨らむ感じ。
        これね、横隔膜の事なの。
        横隔膜は皆さん聞いた事はあるでしょ?
        横隔膜ってね、お腹の周り、
        実は一周してるから背中にも横隔膜があるんです。
        ですから、空気が目一杯入った時には、背中も膨れるの。
        でも、背中まで横隔膜を膨らます為には、ゆるゆるの胴体が必要です。

        さて、どうやってゆるゆるの身体を作るか。。
        お腹です。
        身体の中でお腹だけしっかり内側のインナーマッスルで立てに引き上げられたらそこに
        肩から背中からぶら下がる事が出来るから身体がゆるまります。

        緩まるとはぶらさがる場所が出来てから初めて出来るんです。
        ぶら下がる場所は、
        まずここでは、腹筋。
        それは、ジュウメイと一緒にレッスンしてね!

        何てったって、腹筋。

        それも、横隔膜というインナーマッスルを引き上げます。
        イメージは、おへそが縦長に成る感じ。
        でも、外側からでは有りません。
        内側からです。

        このお腹を作るのにドーローイングという呼吸法をジュウメイメソッドの
        ウォーーミングアップでレッスンします。

        声を出します。
        まず、最低音から始めます。
        お〜〜〜〜の長〜い声で出します。
        次、
        短く息をきりながら、
        おっ、おっ、おっ、おっ、で出します。

        次、息です。
        おへその裏側に糸をつけて背中の方に引っ張るイメージで口笛みたいに息を吐きます。
        もっと吐きます。
        更に吐きます。
        お腹ぺっちゃんこです。
        でも、
        少しおなかゆるめます。(ここ、難しいから私とレッスンね!)

        お腹が立ちます。
        そこで、キープ。
        お腹の中のインナーがこの時点で引き上がってます。
        このお腹が出来たら、初めて、肩、腰の力を抜いてみましょう。
        これが、ぶら下がるという感覚です。

        この感じ、出来ると日常生活が改善されます。
        正しい姿勢です。

        ここから、歌い始めると、スタンダードにボイスが出てくれるはずです。
        しょうじ君に、この後は聞いてみましょうね!

        zhumei

        手放す為に打ちます。

        0
          am6:00 木曜日。
          朝日を背中に浴びる。
          太極拳を打つ。
          全てをすます。

          都合の良い答えを言葉にしたか。
          帰る場所が解ってるか。
          求めすぎてるか。
          自分の足で立ってるか。
          行き先はどこなのか。
          今此処に自分がいるのか。
          走ってるのか。
          歩いてるのか。
          ゆらいでるのか。
          誠か。
          自分に起こる全ては、
          本当に自分の姿の跳ね返りの世界なのか。

          そう言うの全部外します。
          頭を外します。
          心さえ外します。
          消します。
          惜しみなく。
          手放します。

          太極拳を打つ。
          ただ感じる。
          その事だけに集中します。

          存在は、
          この身の小さな宇宙だけ。
          足の裏から大地を踏みつけ返って来るエネルギーを細い動線に変え、
          また指先から外気に流す。

          私の小宇宙は、
          ただの土管になる。
          全ての通り道だけになる。
          通過する、
          廻る時間だけがある。

          欲望無し。
          執着無し。
          評価無し。
          カモフラージュ無し。
          アイデンティティー無し。
          カテゴライズ無し。
          名前無し。
          歴史無し。
          特別無し。
          普通無し。
          何も無し。

          打太極拳已後、、
          答えが出てくるまで待ち続ける。
          待つ、待つ、待つ、
          真、実、信、慎、誠、全ての『まこと』がやって来るまで
          ただ待つよ。
          これだけ。

          zhumei








          なんでも、寝てちゃ変わらないのよ。

          0
             お顔が・・私の大切なフェイスが・・・
            筋肉痛なんです。

            昨日、酵素のT先生に、
            「紹介したい社長がいるんだよ、もう七店舗もお店出してるんだけど、
            彼のエステサロン行ってごらん、ジュウメイメソッドと同じ理念のサロンだから・・」
            と言われ、行って来たんです。

            鷺沼のサロンです。

            受付をします。
            エステと言うより整体やマッサージサロンの雰囲気です。
            カルテに質問事項を記入後
            若い女の子(エステシャン)がいきなり
            今日の担当の沼崎です。でも
            ぬまちゃん、て呼んで下さいとご挨拶。
            フランクです。

            その後
            何をするかって。。
            『はい、眉毛だけ動かして下さい〜とか、涙袋だけ動かして下さ〜いとか、」
            お顔の細かいパーツだけを動かせるかどうかチェックするんです。
            ちなみに私、
            眉毛がほぼ動きませんでした。

            次、いよいよ施術です。
            ぬまちゃんのハンドが私のお顔にタッチ。
            まず、顔面の疲労、凝りを徹底的にぬまちゃんのハンドで、こぶしで、
            ぐりぐりと私のセンシティブなお顔をこねくり回し始めます。

            わたし、
            「お〜っ・・・あ〜っん・・い・い・痛い・・』
            こらえながら、
            「むむむ・無理、、死にそう・・・」
            女優顔のまま心の中で叫ぶ。

            ぬまちゃんが言います。
            「筋肉、それも眉間が一番固く成ってますね〜」
            『大丈夫ですか〜??』
            めっちゃ、軽いぬまちゃん。

            どうにか40分を耐え忍び施術後自分の顔を見る。
            『若返ってるんです!、なんですか?これ。。」

            ぬまちゃんが言います。
            『はい、元に戻りました』
            これが、本当の今の私のお顔?
            凄い〜

            此処からが本題。
            このサロン、
            施術は始めの40分。
            後の20分は、自分で顔の筋肉を動かして自分で自分の大切なお顔の筋肉をつける
            レッスンをするんです。
            そうよ。。

            ジュウメイメソッドと同じ。
            最終的に、自分の事は自分で面倒見る自立型のエステテックサロン、
            『正しい美容習慣を身につける美容のお稽古教室』だったんです。

            月二回の月謝制です。
            次の予約の2週間の間の宿題が出ます。
            6ヶ月の契約です。
            自分のお顔は自分で鍛えあげ筋肉をつけ、内側から盛り上げる。
            もう、たるませない、モチモチ、ピチピチのお顔を6ヶ月計画で作ってゆく教室なの。

            こんなのも・・。。
            「エステで寝ているだけでは綺麗になりません」
            サロンのパンフに書いてありました。

            そうよね、そうよね、
            寝てちゃダメなのよ!
            人に任せちゃダメなのよ!
            自分から動くのよ!
            だから、きついのよ!
            めっちゃ、痛いのよ!
            時間がかるのよ!
            今の自分はまだ、本来の自分じゃないのよ!

            想像を超える世界に久しぶりに会いました。
            明日から宿題するよ。
            zhumei


            彼女から私へ共鳴JR30分。

            0
               am10時JR中野中央線。
              ガラガラ・・・
              座る。
              瞑想タイムです。
              幸せをイメージする。
              あの人、この人、、私とのたぶん違うだろう幸せをイメージする。

              ぴったりと肩が触れ合う距離にいる隣のリクルートスーツの20代の女の子。
              あなたの幸せって何?
              お聞きしたいけど出来ないので、イメージする。

              斜め80度辺りから彼女を横目で覗き込む。
              素敵なネイルです。
              お顔までは見れません。
              彼女は読書中。
              本には、図が書いてあります。

              3つの円が重なっている絵。

              一つの円は知識(何をするか、なぜするか)
              2つ目の円はやる気(実行)
              3つ目の円は、スキル(どうするか)そして、
              三つの円が重なる中央には『習慣』
              こんな、絵が書いてあるビジネス本読んでいたんです。

              私と彼女の求めるもの。
              言葉を交わさず、名前も知らない、もう二度と会わないかもしれないだろう彼女と
              今ここで一緒の時間を過ごす。
              一緒に考える。

              30分の間彼女はページをめくらず、三つの円を見続けています。
              私も、見続けます。

              立川駅で彼女と別れる。

              彼女の今日と私の今日。
              八王子の駅に着く頃、はっきりと感じる。
              彼女の幸せと私の幸せの違い・・・
              たぶん、さほど無い事。

              3つの円の重なる場所、『習慣』に幸せが存在する事を今日はっきりと腑に落ちる。

              望むものは此処にある。
              すでにある。

              永遠に・・・
              もっと深く愛してゆく為に、
              自分の習慣を変容させてゆくだけ。
              それは、昨日より今日がさらに幸せを感じられるように成るために。。。

              私の中、あなたの中には、もう答えは有る。
              本気で気付くだけ、

              いつも、いつも、いつも、
              MY Way.....

              自分らしいやり方で行けばよろしいよ。
              これで良いのだ。
              結局、行き着く所は同じ幸せの場所なんだから。
              zhumei






              何度でも言うよ人生はダンス!

              0
                夕刻19時。
                新宿。
                マツエク両目で140本盛り。
                グロスはチェリーレッド。
                エスカーダの燻しゴールドのジャケ。
                とっぽく成ってます。
                いつもながら、もちろん自分から盛り上げてます。
                嘘偽り無し。
                100%ジュウメイです。

                今日は、直帰が出来ません。

                一人で夕食。
                まず、ビール。
                アベック、生ハム。
                調子がいいので二杯目ハイボール。
                アベック、枝豆。
                更に調子がいいので白ワイン。
                アベック、エビとアボカドのバジルソースパスタ。

                今日の打ち合わせの資料を見ながら
                ヘッドフォンからは林檎。

                『わたしの、名前をちゃんと呼んで、
                 身体をさわって
                 必要なのは是だけ認めて〜』

                歌ってます。。。

                いいなぁ〜。
                林檎系野蛮不良人。
                遊ぼ!遊ぼ!
                いつもながら。。。
                今ここで踊りたいです。

                zhumei


                365日のセルフレッスン。

                0
                   朝日が嬉しい。
                  今日も一日が始まる。
                  誰もに始まる今日という日。

                  大切にしたい人を思う。
                  大切にしたい事を思う。
                  今日、自分は、何が出来るかを思う。

                  散らかったデスクを整理する事から今日は始める。

                  本当に大切なものを選ぶ為に片付けをする。
                  大切なものをはっきりと確認する。
                  そして、大切なものがわかったら、
                  愛してゆく。
                  守ってゆく。

                  忘れない為に何度も同じ事を繰り返す。
                  すべては、
                  意識のある練習。
                  いつか、無意識に出来る様になるまで、繰り返して確認してゆく事だけ。

                  時々、自分の事を人に聞いてみる。
                  反省する。

                  次の機会に、昔出来なかった事を挑戦する。
                  例えば、
                  以前には言えなかった、上手く伝えられなかった事をもう一度、
                  今だったら伝えられるかもしれない。
                  昔は、避けて来た事が受けて立てるかもしれない。
                  この日の為に準備をする事。
                  これが、
                  zhumeiの考える日常的セルフレッスン。

                  ゆっくりやっていこう。
                  少しずつやっていこう。
                  大切にやっていこう。
                  支えるよ。
                  支えてね。
                  zhumei






                  愛する為に私を知るグラウンディング。

                  0
                     グラウンディングすると言う事。

                    自分が何を求め、何処を目指しているのか。
                    一体、わたしは、誰なのか。
                    一体、わたしは、何をしに今此処に居るのか。

                    この事、
                    私しか、あなたしか出せない答え。
                    グラウンディングすると言う事は、
                    はっきりと自分自身を確信出来る事。

                    自分の生れ落ちた星を、自分自身に感謝できた時、
                    自分として生きる事。
                    それを本当の意味で知る時、
                    初めて、自分と言う存在の為に生きる事が出来る。

                    今日は、大手ハウスメーカに長年努めていた女性に出会いました。
                    彼女、バリバリの営業マンでした。
                    でも、会社を辞め、今月、起業したんです。
                    「整理整頓のお片づけ」専門の会社を始めたんです。
                    彼女の今までの仕事は、リフォームの営業とコーディネートでした。
                    でも、長年クライアントさんに会う度、家を新しく綺麗にする事がクライアントさんに
                    とっては、片付けられない散らかった家をリフォームさえすればリセットできるかもしれないの
                    心理で依頼が来るこの多さに直面する度、
                    何かおかしいと思いながらも仕事をしてきたらしんです。
                    結局リフォーム後、何ヶ月か、たてばまた、
                    元のゴミ屋敷に戻ると言う現状を何度となく経験し、
                    家の立て替えやリフォームと同時にクライアントさん達に物の整理の仕方をまず、
                    考えてもらう事が本当の意味で、
                    愛する大切な家に住み続けるという根本的な意味をもっと気付いてもらう為に
                    独立したんです。

                    これね、グラウンディング出来てないとお部屋が片付けられない人になっちゃうですって。。
                    頭の整理が付かないとゴミ屋敷になるそうです。
                    彼女がしようとしてる事、
                    私と実は同じなんです。
                    部屋を片付ける方法論を指導しながらクライアントさんは自分の生活にだんだん気付き始めます。
                    何の為に家を建てるのか、大金をはたいてどうして新しい家に住みたいか。。
                    この家を手に入れる為に自分のしてる仕事とは何なのか。。
                    この家に一緒に住む、愛する家族と通じ合えてるか。。

                    自分の外側がいくら変わっても実は、自分自身がゴミ屋敷に住んでいた自分と変わらない自分のままだと、何を変えても結局は全ては変わらないという現実です。

                    どうして痩せたいのか、綺麗に成りたいのか、身体の痛みをとりたいのか。。。
                    ジュウメイのレッスンで理想の身体を手に入れても、
                    最後の最後に心の喜ばない生活をどこかでしていたら、実は幸せに成れないのです。

                    グラウンディングとは、
                    自分の生き方の事だと思ってます。
                    一番大切な事。
                    自分の中のパーソナルリダーがしっかりあると言う事。
                    それが、自分らしく生きる事に繋がるの。
                    どんな形でも良いよ。
                    例え、他の人には理解できなくてもあなたが、私が、心から心底幸せならオッケーの世界。
                    けれど、
                    それは、ゴミ屋敷では無くいつも辛い身体では無いはずなの。。
                    私たちの奥深い所では全ての人たちは幸せを求めてるから。
                    これ、
                    宇宙の法則。
                    明日は、私もお部屋お掃除します。
                    zhumei



                    快適な日常が一番大切だから。

                    0
                       日常生活の身体の使い方。。

                      カラオケ編。

                      発見したんです。
                      一番声の出る姿勢。

                      太極拳の基本のゴンブーの形です。
                      肩幅に足をまず開き、股関節を完全にゆるめて足を前後に開きます。
                      重心は歌の具合によって前後に移動します。
                      もちろん、腹筋力でお腹から声を出すんですよ。
                      絶好調に声が通ります。
                      高音はあごを引くと喉がつぶれにくく成るので更に良いです。

                      パソコン編。

                      まず、尾てい骨の上の三角形の骨、仙骨が真っすぐに成る様にタオルを丸め、
                      背もたれの間にはさみます。
                      これで強制的にお腹が伸びます。
                      このポジションをキープしながらキーボードに軽く手を置き指先だけで、
                      キーボードをタップします。
                      首だけが前のめりに成らないよう気をつける事、
                      もし、画面を覗き込みたい時には、両足の付け根、そけい部から前方へ身体事倒れます。
                      上手に股関節から身体を倒せたら、ここで、軽くため息をし、腰の力は抜いて大丈夫です。
                      骨盤が立つと強制的に深層の腹筋が使えてる状態に成りますから背中の力を抜いても、
                      猫背に成らない仕組みに成ってます。

                      少し画面を覗き込むには股関節から身体事前傾する角度はゆるく、
                      鋭角に角度をつければ顔は画面に近づきます。
                      肩の力を抜いて、

                      これが、尾てい骨から26個の頸椎までの背骨の綺麗な積み上がりです。
                      身体の中での背骨はきれいなS字のカーブを描いています。

                      この姿勢、
                      疲れにくいんです。
                      上半身の体重がそけい部に落ちる事で腰や下半身に掛かる負担が最小に成るからです。

                      もう一つ大切な事。
                      身体を動かす時、骨格、がい骨をイメージしながら動きます。
                      骨のレベルで身体を動かすんですよ。

                      最後の最後の勝負の時までアウターマッスルはお休みですよ。
                      (重い物を持ち上げる、最後の追い込み、同じ姿勢のキープ時などなど。。。)

                      ですから、普段のレベルではインナーマッスルを使える様に成る為に、
                      骨からのイメージで日常も動きます。

                      インナーマッスルは、一番骨に近い筋肉ですから、
                      骨を動かすイメージができるとインナーマッスルを使う事が出来るからです。

                      この他にも、
                      お風呂でのシャワー編、
                      床、窓ガラスの拭き方編、などなど。。。

                      でも、基本は皆同じ。

                      仙骨が真っすぐになりお腹が伸びてる事(骨盤が30度の角度で立ってる)
                      このポジションで初めて股関節がゆるみ、足の指が、がしっと踏みしめられる条件が整います。
                      これ、
                      ジュウメイメソッドのベーシックです。
                      実際は、一緒に身体を動かしながら身に付けていきましょうね!
                      zhumei





                      それは、柔らかく戦わない事。。

                      0
                         太極拳のミステリアスな魅力。。。

                        それは、柔は剛を制す。
                        柔らかいとは、本物の強さ。

                        力を正面から受けず、向こうからの力が強ければ強い程とっさに逃す事が出来るからです。

                        この事に気付いた力で勝負をしていた人たちが、この不思議な力の逃し方、
                        また自分の力に変えてしまう事の出来る太極拳を習得しに、
                        中国に、全世界から学びに来ている人たちに出会いました。

                        K1、ムエタイ、テコンドー、ボクシング、。。。
                        自分の専門スポーツで息詰ったアスリート達が今一歩の未知の世界を求めて。。

                        殆どの人たちが、欧米の男の子達でした。
                        本当に日本人は少なかった。

                        たぶんね、この『柔は剛を制す』この精神自体が外国語で書かれた本で更に、
                        ミステリアスな世界
                        母国には無い東洋的思想に憧れてなんでしょうか・・・?

                        ストイックな彼らはも、もちろん、毎日真面目に熱心に練習練習の毎日を過ごし、
                        愛読書は大体が『hagakure,葉隠れ』三島由紀夫。

                        zhumei,,,は、
                        彼らと仲良く成ると、岡倉天心の『茶の本』の英語版をいつもプレゼントします。
                        確実に喜んでくれるから。

                        岡倉天心(1863年生まれ)自体、この本、原文は英語で書いているんです。
                        なぜだか解りません。
                        貿易商だった父親の影響で当然、彼も英語は得意だったのでしょうが。。。
                        日本語より日本人の持つ繊細さを母国語の日本語より英語の方が、
                        表現しやすかったのでしょうか。。
                        とにかく外人はこの『茶の本』を本当に良く理解出来ています。
                        もちろんわたしは、日本語で読みました。
                        難しかったかな。。。
                        でも、素晴らしい本です。

                        この世界を求めてるアスリート達が最後に選ぶ武術が太極拳。

                        そして、『意形』と言う、太極拳よりさらに渋い物があるんですけど。。
                        実は、その意形、動かないんです。

                        太極拳とほぼ同じ型のまま最低45分は動かないでその場でその体制をキープするだけの
                        究極のストイックな世界に彼らは、順番として入って行きます。

                        その稽古場で、私、
                        生まれて初めて彼らが型を決め、静止してるだけの45分間に彼らの指先から、
                        汗の雫がぽたりぽたりと流れ落ちるの目の当たりにしたんです。
                        彼らの足下は45分の間に水たまりになっちゃうんです。
                        本当にビックリしちゃったんです。

                        私も中国に滞在してる間、『意形』練習に行きましたが私は無理でした。
                        指先からは汗は流れ落ちませんでした。。。。
                        ただ辛いだけ。。
                        でも、
                        彼らは身体の中だけで気をぐるぐると回して汗をかいているんです。
                        動かずにして。。。。
                        此処まで来るとzhumeiもお手上げ。。
                        何となくは理解出来ます。。
                        世界を制す強さは、到底力だけじゃ行き着かないのよね?!

                        もう相手も要らない、自分の世界だけ。。
                        ここを求めに彼らは来てたのね。
                        この世界に辿り着いた時、、、、
                        多分彼らは戦うのを終わりにする時なんでしょうね。
                        もう、そこには意味が無いから。。
                        zhumei








                        | 1/7PAGES | >>